2010年10月5日(火) 行ってきました

画像昨日、仕事が終わったらバレエに直行と思っていたけど、いつものように要領悪く間に合わず、「Zepp Tokyo」に足を伸ばしました。 写真だけ買って、あっさりと帰宅。 

帰路、人気ファンブログを読みながら、Zepp Tokyoの様子をチェック。 午前中には滝沢君が来て、夜はゆっちが来て、大歓声が上がったそうです。 ゆっちは本当にやさしいね。 KAT-TUNのメンバーが来てくれるって、ファンにとっては一番嬉しい事です。

初日は亮君が来て、大爆笑があったそうですが、何に対して大爆笑だったの?? 

ファンのアンケートの質問に答えるMCがあり、 ファンの「幸せですか?」の質問に即答で「幸せです」と答えたそうです。 ファンは皆、仁の幸せを祈っているんです。

帰宅後は録画してあったズームインの仁パートをチェックしていたら、1万人の募集に23万人の応募があったそうです。 仁の人気は健全です。 壮行会参加は狭き門だったんですね。 兎に角仁がいよいよ始動してくれたんだと思うとハッピーでしす。 


............★

昨日、仁担でない知人に仁Talkをしたところ、中高生の頃からジャニーズに興味があったなの? と唐突に聞かれました。 私はその頃全く興味なく、もちろんその存在は知っていたのですが、むしろ映画や読書に興味がありました。
では、今は何故かって、それは彼らが夢の中へ導いてくれるから。  華やかで、エネルギーに溢れていて不思議の世界です。 私は彼らから沢山のPowerをもらいます。

vol.2451 2010/10/03 の山Pの日記
こんばんは!(^0^) ← いつの間にか ”こんばちは”は卒業していました

最近色んな事を勉強しなきゃいけないなぁと強く思います!
歌も踊りも言葉も!
時間を有効につかわないと
間にあわなそう(笑)

努力をとめたらそこでおしまいだ。

って最近本当に思います。

頑張ります

※ 山Pの今の気持ち凄く理解出来ます。

私、毎日でもバレエ踊りたい! でも、のあ発表会を見てつくづく思った。 仏教用語だけど 四苦八苦 と言う言葉の意味を痛感しました。 「誰のために愛するか」と言う曽野綾子さんのエッセイーで 「万人の人間が命を賭けてもならぬことがあることを知った。」と言う一節があります。 これは第二次世界大戦で戦った人達の事をさしています。 そして「その不可思議な運命を大らかに受けとめて行ける人こそ、我が同士と言う気がする。」

この記事へのコメント